ドレスト光子研究起点設立記念シンポジウム開催案内

一般社団法人ドレスト光子研究起点設立記念シンポジウム

「ドレスト光子をどう攻めるか、使うか?」

昨年(2016年)より任意団体として活動を開始したドレスト光子研究起点(Research Origin for Dressed Photon: 略称RODreP)が本年2017年4月より一般社団法人として改組発足しました。これを記念してシンポジウムを開催いたします。

 

■開催日    2017年11月6日(月)

■開催場所   ドレスト光子研究起点・会議室

(〒221-0022神奈川県横浜市神奈川区守屋町3-13-19 日亜化学工業(株) 横浜技術センター内1階)

■主催     一般社団法人 ドレスト光子研究起点

■参加費    無料

■定員     40名

■申し込み方法 ①お名前、②フリガナ、③ご所属・部署、④連絡先(住所、電話番号、E-mail)をご記載の上、2017年10月20日(金)までに、下記問い合わせ先までE-mailで申し込み下さい。申し込み締め切り後、参加者には参加票をお送りします。

■問い合わせ

一般社団法人ドレスト光子研究起点 事務局

電話 03-5841-6758              E-mail seminar2017@rodrep.or.jp

■プログラム (講演時間には質疑時間5分を含みます)

13:30
~13:50
開会の辞: RODrePが今日にいたるまで
宮原諄二  RODreP顧問、イノベーション・ファクター研究会
13:50
~14:15
これまでのDP研究と将来:RODrePがめざすこと
大津元一  RODreP代表理事、東京大学
14:15
~14:40
(招待講演)CGで可視化・映像化することの意義 -自然現象からドレスト光子まで-
菊池司 東京工科大学 准教授
14:40~15:05ドレスト光子と社会の接点
納谷昌之  RODreP理事、富士フイルム株式会社
            ≪休憩≫(15分)
15:20
~15:45
(招待講演)ドレスト光子のための応答理論
-非共鳴条件、光学フォノンの大切さ-
坂野斎   山梨大学
15:45
~16:10
ドレスト光子の理解にむけて:”時空の渦力学“が導く仮想光子モデル
佐久間弘文 RODreP理事
16:10
~16:50
共同研究の所信講演
オフシェル科学共同研究補助金受賞者数名
16:50
~17:15
(総括講演)量子場として見たドレスト光子:運動量空間での特徴づけ
小嶋泉   RODreP顧問
17:15
~17:20
閉会の辞
大津元一  RODreP代表理事、東京大学
カテゴリー: 開催案内 パーマリンク