第3回四項図式によるドレスト光子理論検討会開催

平成30年1月10日、ドレスト光子研究起点 会議室において、第3回四項図式によるドレスト光子理論検討会が開催されました。不定形量から無次元表現・不安定モードの凝集・集積についての説明、続いて誘導表現と無限自由度・不定形量/負軽量と不安定モードの凝集・集積、さらに統計力学:無限自由度系での負定値エネルギーの導出の詳細説明、四項図式を圏論の考え方で記述する方法の説明、フォン・ノイマン環の重要性についての指摘、Clebsch双対場における二つの物理量の直交性と四項図式中のSpecの共鳴性・非共鳴性との関係の相関の指摘、などがあり、活発な議論が行われました。

カテゴリー: 新しい光の基礎理論の独創研究 パーマリンク