第5回四項図式によるドレスト光子理論討論会開催

平成30年2月20日、ドレスト光子研究起点 会議室において、第5回四項図式によるドレスト光子理論討論会が開催されました。GNS定理についてのまとめと問題点の提示とdilationの概念についての解説、誘導表現とその補足についの解説、真空場でのClebsch双対場に加え、場の源泉としてのナノ物質を想定した時のClebsh双対場の導出の可能性、それによる湯川関数の導出、その減衰定数がナノ物質寸法に相当することの明示の可能性についての解説、スペクトル展開に関する従来の研究の状況についての紹介と、従来のアプローチは不十分であり、新しい試みに期待する旨の提示、などがあり、活発な議論が行わりました。

カテゴリー: 新しい光の基礎理論の独創研究 パーマリンク