第5回ドレスト光子理論個別課題検討会開催

第5回 ドレスト光子理論個別課題検討会を開催しました。

平成30年8月6日、東京大学大学院工学系研究科総合研究機構大会議室において、第5回ドレスト光子理論個別課題検討会が開催されました。Clebschパラメータ化された場を量子化する際の課題の説明、Londonの構成方程式の非線形性に基づくドレスト光子の磁気光学効果の大きさの推定結果の提示、粒子場×電磁場の関数解析的考察においてこの対象がⅢ型であるか否かの疑問の提示、ドレスト光子の測定過程の理論モデリングの説明、複数のナノ微粒子間でのドレスト光子エネルギー移動と意志決定問題の装置化との関連についての指摘、などがあり活発な議論が行われました。

カテゴリー: 新しい光の基礎理論の独創研究 パーマリンク